振込日の誤解。とりあえず滞納は解消しました。

スポンサーリンク

週末は千葉の富津でウインドサーフィン。

海でやるのは久しぶりだったので身体が悲鳴をあげてます。うへぇ。湖と違って波があるとハードモード。それでも広い海面を滑走するのは最高です。

 

さて、先日書いた滞納の記事の続編。

滞納者から「15日までに振り込みます」とメッセージがあったので、

「では15日の夜に記帳します」

と返信しました。それで15日の20時に記帳したのですが入金無し。

「入金がないので明日保証会社に連絡します」

と滞納者にメッセージを送りましたが返事はなく、翌日保証会社に連絡しました。

ここまでが前回の記事の流れ。

4日後に滞納者からメッセージあり。

「15日の夜に振り込んだのですが入金されていないですか」と。

どうやら保証会社から滞納者に連絡があった様子。

夜振り込んだら翌営業日に着金では、と思いました。

・・・

でも後日記帳したところ、なんと通帳には15日に入金されていた。

・・・

どうやら2018年10月から平日15時以降の振込でも当日扱いで着金できるように金融機関の改善がされたようです。

だから20時に記帳しても、それ以降に着金されたようです。

 

あちゃ、勘違い。

いちおう約束の15日までに振り込んだようです。

勘違いは勘違いだけど、滞納していたことには違いないから保証会社に連絡しちゃったことは気にしない気にしない。

結局後日、私から保証会社に返金しました。

振込手数料が無駄になったけど、保証会社に請求する経験ができたからいいや、と前向きに考えます。


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ