はじめての家賃保証会社請求

スポンサーリンク

賃貸募集するときは保証会社契約をすることを必須にしています。

過去に某「大家さん直接募集サイト」で入居申し込みがあったときは保証会社契約ができない入居者だったので連帯保証人付きで契約しましたが、案の定、入金が遅れがちでした。

最後は滞納を全部払って退去してくれましたので、そこは良かったです。

 

それ以来、やっぱり保証会社契約ができない人は入居させないようにしよう、と決めました。

自主管理ですから家賃回収の手間はかけたくありませんから。

自主管理している戸建たちでは過去6年間、一度も保証会社に連絡するような事態は起きませんでいした。

たとえ入金が遅れても督促すればすぐ入金してもらえた。

 

しかし! ついに督促しても入金されない事態が発生!

 

「明後日までに振り込みます」と回答をいただいていたのですが、入金されず。 

この入居者さん、母親と20歳くらいの娘の二人暮らし。いざというときは娘さんが働いて家賃を払ってくれないかと期待しておりましたがダメだったようです。

保証会社への連絡期限が迫っておりましたので、心を鬼にして保証会社に連絡しました。(賃貸仲介会社経由で)

 

過去に保証会社のお世話になったことはありますが、それは管理会社に委託しているアパートだったので、わたしは何もすることがありませんでした。今回は自主管理ですから勝手が違うのかどうか気になります。

この後、どんな展開になるのかドキドキします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ