DIY クローゼット・ポールを取付けました

スポンサーリンク

埼玉は来週も連日最高気温35度の予報がでています。まだまだ残暑が厳しいですね。そんな暑い日に、自宅のクローゼット・ポールをDIYで取付けました。クローゼットにハンガーを掛けるためのステンレスバー、ステンレスパイプのことです。なぜか、新築当初からクローゼット・ポールが付いていなかったので、ずっと突っ張り棒を使っていたのですが、ときどき落ちるんですよね。

原因は、壁(石膏ボード)に下地(間柱)がないから、突っ張り棒の突っ張り力で少しずつ壁がへこんでしまうのです。目で見えるくらい(3mm)へこんでしまいました。そこで、ステンレスバーに交換することにしました。以外と簡単です。

はい、このとおり。

$サラリーマン大家のノウハウ実践記 めざせ!不動産投資で左うちわ

クローゼット2個にそれぞれ1本取り付けました。バーの片方側は下地がありましたが、もう片方側には下地がなかったので、アンカーボルトを打ちました。アンカーボルトとは、下地がない石膏ボードでもネジで固定できるようにするために、固定箇所を補強するボルトのことです。

アンカーボルトを打つ作業は難しいのではないかという先入観がありましたが、そんなことは全くなく、実際やってみたら簡単です。取付前に取付場所をしっかり決めておくことがポイントです。25本入っていて780円くらい。6本使用しました。

$サラリーマン大家のノウハウ実践記 めざせ!不動産投資で左うちわ

クローゼット・ポール2本の取付で、材料費は4,740円、作業時間は30分程度です。取り付けにかかる時間より、材料を調達する時間の方がかかります。

<材料費>

  • ステンレスポール × 2本 = 3,160円
  • 取付金具(壁面) × 2セット(4個) = 500円
  • アンカーボルト × 1セット(25本) = 780円
  • ネジ × 2袋(14本) = 200円
  • ステンレスポール加工費 × 2 = 100円

ステンレスポールは、購入したホームセンタで必要な長さにカットしてもらいました。

普段、投資用物件の施工は腕に自信がないし、本業が忙しいので自分ではやらないのですが、自宅の場合、不具合あっても自分で時間かけて直せばよいので気が楽です。DIYを経験することで、リフォーム業者の見積りの妥当性を確認できるようになることを期待しています。ゆくゆくは投資用物件のDIYもやりたいです。


MS ステンレスパイプ(巻パイプ) 約外径32×1820mm


ハイロジック ステンレスソケット 32mm (2個入) ステンレスパイプ32mm用 37112


エビ モンゴジプサムアンカー GA25P

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ