[DIY]メラミンスポンジでフローリングの汚れが落ちた!

スポンサーリンク

わたしの自宅は無垢材のフローリングを使っています。

自然な風合いを活かすために天然成分のワックスを塗っています。新築時にDIYで塗りました。当時からDIYが好きだったみたいです。

使ったのはこの製品。

スポンサーリンク

 

無垢材フローリングと蜜ロウワックスの組み合わせは木の温もりを感じることができ、座り心地が良いお部屋になりました。木の香りも漂います。でも汚れがつきやすいのが難点。その点はウレタン塗料のほうが耐久性は高いです。

築5年を経過して自宅のフローリングもところどころ黒ずんできました。蜜ロウワックスの効果も薄れてきたので、思い切って塗り直すことに。

そのとき、フローリングの汚れ落としに活躍したのが「メラミンスポンジ」です。

メラミンスポンジとは

メラミンスポンジはコーヒーカップの茶渋など食器の汚れを落とすのに使われます。

水をつけてコーヒーカップを軽くこすると、あっという間に茶渋が取れます。初めて使ったときは感動! 洗剤じゃちっとも落ちなかったのにメラミンスポンジを使ったら簡単!

こんな製品です。

スポンサーリンク

 

フローリングの汚れもメラミンスポンジを使えば簡単に落ちます。

コーヒーカップと違って面積があるので、メラミンスポンジもそこそこの数量を必要とします。それでも簡単に落ちるので労力を考えれば安い安い。

写真の上側がメラミンスポンジを使う前、下側が使った後。汚れが落ちていることが分かりますよね!

あまりに簡単なので小学生の子供でもできます。家族みんなで一緒にやれば早く終わります。

コツは、汚れがついたメラミンスポンジはさっさと捨てて新しい物に交換すること。汚れがついたメラミンスポンジは除去効果が落ちます。作業効率を維持するためにどんどん交換しましょう。

蜜ロウワックスを塗る

汚れが落ちたら蜜ロウワックスを塗ります。

写真の蜜ロウワックスは、新築時に塗布したときの残り。5年間経過しましたが品質に問題はありません。表面は固まっていましたが表面だけ除去すれば、5年前と同様にさらさら塗ることができました。

使い方は簡単。スポンジに適量をとってフローリングに塗り込むだけ。

フローリングが蜜ロウワックスを吸収してくれますので、ケチケチうすーく塗ればOK。

新築のときは、床に敷く前に工務店の倉庫で木材に一本一本ひたすら塗ったことを思い出しました。床に敷いた後のほうが木材の移動をしなくてよいから楽に思います。床に敷くときにカットして捨てた木材の分だけ塗布する面積は減ったし。

戸建賃貸でやらないの?

収益物件でも無垢材フローリングと蜜ロウワックスの組み合わせをやってみたいと思いますが、無垢材フローリングは傷がつきやすいのと、蜜ロウワックスは効果が長持ちしないので躊躇しています。

無垢材フローリングは生きているので夏はフローリング間の隙間が埋まりますが、冬は隙間が空いてゴミが溜まります。そんな使い勝手の悪さを理解した上で入居していただければよいのですが、使い勝手が良いほうを好む入居者もいるわけで、入居者のターゲットを狭めてまで無垢材フローリングにチャレンジするのはなかなか難しいです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど39戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ