今の会社に満足していても不動産投資を始めるべき理由

スポンサーリンク

4月1日付で勤務先の会社で異動がありました

わたしの上司と、その上司と、そのまた上司が異動になりました。

まるごと新体制です。そんな新体制で4週間が経ちました。

3月までは「絶対に6月末にサラリーマンリタイアしてやる!」と意気込んでいたわたしではありますが、ここに来て心境に変化が現れました。

「9月末に変更しようかな・・・(笑)」

理由はパワハラ上司がいなくなったから。

今までパワハラだとは思っていなかったのですが、いざ居なくなってみるとわたしの気持ちはすごく楽になりました。のしかかっていた漬物石がなくなったかのようです。すっかり発酵していたわたしのココロが元に戻りました。

「パワハラ上司のせいで会社をやめたい」

ということを自分自身が認めたくなかったのかもしれません。「自分はそんなに弱くない」なんて思ったりして。

新しい上司は「いまのところ」パワハラじゃない。でもいつ本性を表すかは分かりません^^;;

せっかく気持ちが楽になったんだから「もう少しキャッシュフローを増やしてから会社を辞めよう」と思いました。いつでもサラリーマンを辞められる、という仕組みを作ると気持ちが楽になります。

サラリーマン生活はいつ急変するか分からない

わたしの場合は異動で急にサラリーマン生活が楽になりました。これは自分ではコントロールできない出来事。

ということは、逆に急に不可抗力でサラリーマン生活がつらくなることもあるということです。

ですから、今現在サラリーマン生活がつらくない人であっても、いますぐ不動産投資を始めるべきなんです。

不動産投資を始めてからサラリーマンリタイアができるようになるためには時間がかかります。

「たったxヶ月でxx億円のキャッシュフローを達成!」なんて景気のいい話を聞きますが、あなたにできるとは限りません。

でも時間をかけてもいいのだったら、誰でもいつかは成功します。

だから、今、始めるべきなんです。

物件価格が高騰しているから無理・・・なんて言っている場合ではありません。

ボロ戸建とか、現金買いで値引きとか、やりようはあります。

今から実績と経験を積むことで将来融資を受けやすくなります。

サラリーマンのうちに借り替える

先日、大家さんの集まりに参加しました。

そこでは熱心な大家さんたちから刺激的なお話を伺いました。

・ローラー作戦で片っ端から金融機関の支店に電話で融資相談をする人

・高い金利のローンを借り換えするまでサラリーマンを辞めないと決めた人

こんな話を聞いて、わたしも一念発起!

高い金利のローンの借り換え先を探すことに踏み出しました。感触は良さそう。

サラリーマン属性が無くなる前に借りられるだけ借りておきたいです。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ