お金があっても幸せになれない。幸せとは

スポンサーリンク

サラリーマンリタイアできるキャッシュフローと純資産を得ても「本当に辞めていいんだろうか」と不安になります。

サラリーマンを辞めたいから不動産投資に邁進できた。

逆にいうと、サラリーマンという背景があることが前提。

サラリーマンでなくなったら不動産投資に邁進できるのだろうか?

やる気がなくなってしまうのではないか。

不動産投資だって魅力的な職業である。でもそれを極めるために精進できるだろうか。そこまで覚悟はあるだろうか。

 

ない

 

お金があっても、楽しめる仕事がなければ、やりがいのある仕事がなければ、幸せにはなれない。

自主管理もいいけど、

DIYもいいけど、

投資もいいけど、

それが本当にやりたいことなのか。

 

悩む

 

もっとたくさんお金があれば違うステージになって幸せになれるのかもしれない。

いや、それよりも、その目標に向かって努力して少しずつ達成感を味わうこと自体が幸せなんだと思う。だから物件を増やすことは楽しい。

幸せは状態ではない。

変化なのだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ