不動産投資していても住宅ローンの借り換えができた。融資の審査で意外だったこと。

スポンサーリンク

住宅ローンを借り換えました

このところ、住宅ローンの借り換えを進めていました。

自宅は「金持ち父さん貧乏父さん」でいうところの負債です。自分の財布からお金がでていくものが負債ですから、収益を産まない自宅は負債なのです。これの住宅ローンがたっぷり残っています。

5年前に購入した自宅ですが、当時は今よりずっと金利が高かったのです。それからどんどん金利は下がり、史上最低金利の今が借り換え時と判断しました。サラリーマンをやめる前に借り換えないといけない、という思いもありました。サラリーマンを辞めたら、不動産投資のローンだけでなく、住宅ローンも融資を受けにくくなると考えたからです。

不動産投資で億越えの借金があるので、住宅ローンの借り換えができるのか心配だったんですが、本審査を通過できました。

しかも、いつも不動産投資のローンを借りているような金融機関ではなくて、都市銀行ですよ、都市銀行!

さすがに都市銀行の金利はとても低いです。いつも借りている不動産投資のローンの金利と比べると、目を疑ってしまうような低金利。心配していないで、まず、銀行に相談してみて良かったです。

融資の審査で意外だったこととは?

不動産投資で億越えの借金がありましたから、当然不動産投資について質問を受けるだろうな、と想像していました。所有物件の一覧とか入居状況の資料を持参して、面談に臨みました。

しかし、、、

不動産投資については、まったく質問されませんでした!

肩透かしです。戸建投資の優位性について、とうとうと語ろうと思っていたのですが、そんな機会がなくて残念です。住宅ローンはレールから外れたことについては審査しないようです。

借り換えの結果、こんなメリットが!

おかげさまで、返済が月2万円減りました。

5年後からはさらに月2万円減ります。

合計4万円!

税引き後の4万円ですよ。税引き前なら6万円くらいの価値といっても過言ではありません!これは、築古戸建2件をフルローンで買って貸すくらいのキャッシュフロー効果があります。

この都市銀行では、住宅ローンを借りている人向けのカードローンがあります。金利は、なんと3%台です。13%の間違いじゃないかと目を疑いましたが、間違いなく3%です。地方中古アパートを購入したときにノンバンクから借りた金利より低いです。さっそく申し込みました。

 

また一歩、サラリーマンリタイヤに近づきました。というか、そもそも高い自宅(=負債)を買っているところに問題がありますけどね・・・これから自宅を買おうと考えている人は、ぜひ負債であることを念頭において、考え直しましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど39戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ