築35年戸建にオーバーローンが引けた! 簡単にオーバーローンが引けた理由とは?

スポンサーリンク

埼玉県でまた戸建を買うことにしました。築35年です。

売り出し価格から、300万円も下がりました。

 

なんと4割引!

 

土地の固定資産税評価額未満で指値が通りました。これなら融資も楽に出ます。

内装リフォームして、駐車場を造成しなければならないので、なかなか一般の方にはイメージしにくくて、売れ残っていたようです。賃貸客付けでも、リフォーム前のボロい状態だと入居が決まりにくくなると聞きます。それと同じなのです。

その点大家さんは有利です。リフォームの経験があるから、ボロボロの戸建が蘇る姿がまぶたに映ります。わたしもリフォーム後の綺麗な姿がイメージできましので、現地ですぐ買い付け入れました。

 

売主さんは、更地にして売ることも考えていたので、私が買うことで建物の寿命が延びました。

ECOです。

社会に少しでも役立てれば幸せになれます。

お金儲けだけでは虚しくなるので。

これ、きれいごとではないんです。サラリーマンを辞められないのは、ほかにやることがないからじゃないかと、最近思います。

 

売買契約が終わり、金融機関に融資を打診しました。

希望は、物件価格の30%増のオーバーローンで、借入期間15年。

オーバー分はリフォーム費用です。

さて、

金融機関の回答は、

A庫 満額、10年、2.5%

B庫 満額、15年、2.0%

もちろんBを選択しました。

A庫さんには、もうちょっと頑張って欲しかったんですが、金融機関の方針ですから仕方ありません。

今回オーバーローンがでたのは、

売買価格 < 固定資産税評価額

だったからです。いつも、このくらいの金額で買えると嬉しいんですが、そんな物件はなかなか見つかりません。

 

これで、戸建投資は4棟目。

アパート1棟くらいの規模になりました。

「チリも積もれば山となる」ではありますが、やっぱり面倒です。

でも、今の相場のなか、「埼玉県で、土地値以下で買えて、利回りが取れる」のは戸建。かたつむりの歩みではありますが、せっかっちにならず、ゆっくり増やしていきます。

 

でも、、、モチベーションを保つのは難しいかもね。

モチベーションを保てる方でしたら、ぜひお勧めします。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ