戸建を現金買い・退去が嬉しい

スポンサーリンク

アテにしていた信用金庫から融資が断られ、公庫からも断られ、現金で戸建を購入しました。

キャッシュでポーンと払うのは気持ちがいい!

でも、そんな気持ちも長くは続かない。

口座の残高が少なくなって感じる喪失感。

何か大事なものを失ったような気がする。

現金を不動産に変えただけで、貸借対照表上の純資産は変わってないんだけど、やっぱり現金には安心感がある。

 

ノンバンクから借りることも考えたけど見送りました。

規模拡大したいなら現金を使わないべきだけど、もうそこまで規模を求めていない自分に気づいたから。手数料と金利がもったいない。

むしろ今借りているノンバンクの借入1本を一括返済したいくらいですね。

 

せっかく現金で買うのだから法人作って買おうかと思ったけど、会社バレを恐れてやめた。

石橋を叩いて渡らないタイプなんです。

だからこそ今まで大過なく不動産投資を続けてこられてのだと思う。武勇伝になるようなトラブルに遭遇したことがありません。

人それぞれ特性があり、いい面も悪い面もある。自分の持っている特性を生かして投資するのが良いと感じてます。

 

さて、現金が少なくなって心細くなりましたが朗報がありました。

区分ファミリーマンションの入居者さんから、年内に退去すると連絡が!

退去が朗報??

この物件、買値の2倍で売れそうなんです。(獲らぬ狸の皮算用・・・)

実需向けに売るために退去を待ち望んでました。これが売れれば戸建購入で減った現金を悠々取り戻せます!


楽しみです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ