退職金を当てにしてサラリーマンリタイアして良いものか?

スポンサーリンク

北関東の築古アパートを満室にして月のキャッシュフローが大幅に増えたので、なんとか会社をやめられないか、本気で検討しているゴールデンウィークです。

今のままでも家賃で生活するのはできるけど、

物件が老朽化して家賃が下がったり、

大規模修繕をしたり、

買い替えしたり、

金利が上がったり、

ということを考えると、将来的に首が回らなくなります。楽しみに使う収入も欲しいところです。

物件を増やせば良いのですが、自己資金が尽きたところ。回復させるのに1年くらいかかりそう。

いっそ退職して退職金をもらったらどうか??

毎年積立額通知をもらっているので、だいたいこのくらいもらえるというのは分かっています。退職金にかかる税金は優遇されているので、あまり税金はかかりません。頭金として十分な額です。

お、いけるかも。

でも退職したら融資キビシイですよねぇ。

公庫なら何とかなるかなぁ。。公庫はサラリーマン大家より、事業主のほうが融資してくれそうな気がしますが、どうなんでしょ。

公庫で北関東の築古アパートの融資が通らなかったのはサラリーマン大家じゃ空室を埋める力がないと判断されたんだと思います。事業主だったら結果が違っていたかも。

自衛隊大家さんは退職金で3棟目をキャッシュ買いしたそうです。著書では退職金を使ってしまうのは危険とも書かれていましたが、物件価格が上がっているご時世ですから、キャッシュ買いで安く買うというのもいいかな、と思います。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど39戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ