エアコン工事は地味に面倒。どこまで自分でやります?

スポンサーリンク

初めてハーフマラソンを完走しました!

2年前にランニングを初めて、ケガしたり、辞めたり、再開したり、自分のペースで続けてきました。 

スポーツは苦手だった私。

やればできるじゃん、ってちょっと自信になった。

 

今日はマラソンで痛めた足を引きずりながら早朝からエアコン工事の立会いに来ています。

新たに購入した物件のエアコン取り付け。

家電量販店で買ったので立会いが必要です。自宅から物件までクルマで片道1時間20分。遠い。

内装リフォームと一緒にリフォーム業者に購入と取り付けを発注してしまえば立会いの手間がいらなかったと少々後悔。

限りある時間ですから、自分の時間を使うのか、お金を使って業者に委託するのか、そろそろ考えどきなのかと思っています。

 

そうはいっても借金がたっぷり残っているのでまだまだ安全圏ではありません。

工事立会いは何のスキルもいらないし、労力もかからない。ブログを書きながら待っていればいいだけ。これでキャッシュを浮かせられるなら浮かせたい。

多少儲かっているからって手を抜くと後で痛い目にあいます。自分への戒め。

 

さてこの戸建はもう入居者が決まっています。

募集して3日で入居申し込みがありました。家賃設定をあやまったか!?

そんな目で物件を見るととてもよい物件に見えます。襖の装飾が味があるし、玄関は吹き抜けだし、キッチンコンロ、洗面台は新品だし。今の家賃ではもったいなくなってきた(笑)

でも家賃を数千円上げて募集期間が1ヶ月延びるより、安くても募集期間が短い方が嬉しい。安ければ入居期間が延びるかもしれないし。

なるべく手間のかからない運営をしたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ