「メールでできる!アメリカ不動産投資」を読みました

スポンサーリンク

昇進試験がうまくいかなくてブルーな夜です。

いろんな海外不動産投資があるんだなー、と思って手にとった本。

メールでできる!アメリカ不動産投資―自宅にいながら海外不動産投資をして、効率よく毎月100万円を稼ぐ方法

(Amazon)

アメリカは人口が増えるから不動産価格はあがるというのが前提ですが、そのロジックが理解できませんでした。

実際不動産価格はサブプライムローンバブルを除いて右肩上がりだけど、それってそのうち一般労働者がかえなくならないか??

インフレなだけ? 賃金もあがる?

だとすると、円高は続いて、円換算だと上がらない。

それでも値段が下がっている日本よりはマシなのか?

うーん、分からない事には分かるまで手を出さないほうがいい、という結論に至りました・・・

 

株より不動産が好きなのは、分かることが多いから。

アメリカはハワイしかいったことないのでさっぱり分かりません。

 

もっと勉強します。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど39戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ