1月の入退去は勝ち越し!

スポンサーリンク

賃貸不動産の繁忙期は1月から3月。

12月はさっぱり空室の問い合わせがなかったものの1月に入ってから頻繁に問い合わせがありました。

おかげさまで、戸建2戸、アパート2戸に入居申し込みをいただきました(祝)

 

1つめの戸建を成約してくれたのは賃貸に主軸をおいた仲介業者。これまで何度か客付依頼をしていましたが、今回初めて成約しました。こちらから募集依頼をしなくても「空室ありませんか?」の電話をいただいて、そのまま案内・成約。ありがたいです。

ただねぇ、ちょっと事務処理が雑なんですよ。

契約書を大家に事前確認しないし、特約事項が漏れているし、家賃保証の範囲も依頼と違うし、鍵の受領書とかもないし・・・

賃貸管理にも軸を置いている仲介業者とは事務処理のレベルが違います。

どうも忙しすぎて目が行き届いていない印象。

それでも客付できる仲介業者は貴重ですから、多少のことは目をつぶります。

 

2つめの戸建は管理委託しておりまして、管理会社が成約しました。管理会社任せでほったらかしでした。スミマセン!

 

アパートについては、昨年に洗面化粧台の交換をして、洗面所にアクセントクロスを貼りました。

それが効果を発揮したのか、あっさり2戸同時に成約して満室になりました。

リフォーム後にすぐ成果を出してくれた管理会社さんに感謝です。

 

残るはアパート1戸。

この1戸は客付力が弱いので、じっくり取り組みます。

もう値下げしちゃおっかな(^^)

 

良いこともあれば悪いことも。

戸建1戸が3月末で退去になります。理由は転勤。ひき止めようがありませんね。。。

3月末退去は繁忙期が終わってしまうので時期が悪いですが、繁忙期でなくても決まるの戸建ですから焦りはありません(強がり)

ひとつひとつ埋めていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど39戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ