勤め先が裁量労働制になりました

スポンサーリンク

こんにちは、青島渚です。

勤め先が裁量労働制になりました。

勤務時間が本人の裁量に委ねられます。

何時に出勤しても、何時に退勤しても良いです。

極論すれば、会社にいる時間が1秒でもいいです。

でも仕事の量に裁量はあって無いようなものです。管理職ではないですから。
(*_*)

時間外手当はなくなります。

かわりに裁量労働手当が毎月固定で出ます。10万円くらい。

会社にとっては建前はいろいろあるものの時間外手当を削減するメリットがあります。

情報システム開発の現場は時間外労働が多いですから。

パソコンのログイン、ログアウトログやメール送信ログを記録していますから、サービス残業はさせにくい状態なのです。

社員にとっては過重労働の恐れがあります。きな臭くなってきました。

わたしにとってのメリットは、平日に不動産投資の時間が取りやすくなります。外出自由ですから。銀行や役所にいくのが楽になります。

多くの社員は給与が下がりますが、不動産投資というもう一つの収入があるとあまり気にならないです。

冷めた目でみてしまいます。

やっぱり不動産投資はサラリーマンにオススメですね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT系サラリーマンのかたわら埼玉県、栃木県、神奈川県で大家をしています。 投資対象は、中古戸建、中古/新築アパートなど40戸。 せっかく目標キャッシュフローと純資産を達成したもののサラリーマンを辞める踏ん切りがつきません。これが現実。 1970年代なかば生まれ